収入合算で審査をクリア

housingloan

年収の基準に満たなくて住宅ローンが借りられないときに役に立つのが、「収入合算」の考え方。

ローン申込者の収入に妻などの収入の一部を合計した収入で審査が受けられます。

最近は、夫婦2人で力を合わせて住宅ローンを返していこうという家庭が増えています。

そこで知っておきたいのが、夫婦の収入を合わせて住宅ローンを信りることができる「収入合算」の方法です。

そもそも、住宅ローンが借りられるかどうかは、ローン申込者の収入と深いかかわりがあります。

一般的には、年間返済額が年収の30%~40%程度といった基準があり、これをクリアしなければ審査が通らないのです。

もしも夫の収入だけでは基準に満たないならば、収入合算で夫婦の年収を合計して、ローンを申し込むことができます。

収入合算は、自分から見て意外と広い範囲の人が対象になります。たとえば、収入が安定して続いているかの審査はあるものの、妻がパート勤務など正社員でなくても、収入を合算することができます。

親など同居予定者が現役で働いているケースでは、その収入を合算するとともできます。

ただし、フラット35を利用する場合は、合算する収入が50%を超えるなら、同居予定者が80歳になるまでにローンを完済することが条件になります。

民間の金融機関のローンでは、収入合算する相手の収入は、申込者の収入の50%までという決まりがあります。

このように、収入合算のルールは借りるローンによって違うので、利用したいなら事前に金融機関に確認するとよいでしょう。

<合算できる条件>

・住宅取得後に申込者本人と同居すること
・公庫融資を返済中でないこと
・連帯債務者になること

収入合算を使えば融資額を増やすことができますが、無計画に増やすばかりが得策とはいえません。妻が仕事を続けるかなど、将来の収入も考えて借りることが大切です。

(続く)

---

>>>http://住宅ローン金利.tokyo/

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress