金利タイプを選べる固定金利期間選択型

housingloan

銀行などでよく見られるのがこのタイプ。あらかじめ指定した固定金利期間が終わるときに、金利の動向を見ながら、次の金利夕イプを固定にするか変動にするか選ぶことができます。

固定金利期間選択型は、一定期間の金利が固定できるローンです。

契約時に2年、3年、5年、10年などといった固定金利期間を選び、その固定金利期間が終わったときに、次の金利タイプを選べるのが特徴です。

民間の金融機関で主として取り扱いがあります。

一般的には、金利の固定期間が長くなるほど金利が高く設定されているという傾向があります。

したがって、今後も世の中の金利があまり変わらないと考えるなら、固定期間が短いタイプを選びます。

反対に、これから金利が上昇していくと考えるなら、固定期間が長めのタイプを選んでおいたほうが安心です。

また、あらかじめ上限の金利を決めておき、それを超える金利は適用しない「上限金利つき」のタイプもあります。

最初に定めた固定金利期間が終わったら、次の金利タイプを選ぶことになります。

引き続き固定金利を選びたい場合には、固定金利期間が終わる前に金融機関へ申し出て、固定金利期間選択型を選択しましょう。

このときに、5,000円~1万円程度の手数料がかかることもあります。

変動金利を希望するなら、特に手続きはいりません。

銀行のキャンペーン金利などを利用した場合には、最初に契約したときに、次に選ぶ金利についても細かな条件があらかじめ設定されているケースが少なくありません。

最初に契約をするときには、固定金利期間終了後のローン選択の条件についても、細かくしっかりと確認しておきましょう。

固定金利期間選択型は自由度が増しています。固定金利期間が2年、3年、5年、10年などから選べて、毎月決まった日から始められますし、最初は変動金利で始められるものもあります。

(続く)

---

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress