住宅ローンを選ぶ3つのポイント

housingloan

住宅ローンを選ぶときに多くの人が真っ先に注目するのは、金利です。

もちろん、金利は安いに越したことがないのですが、金利タイプも併せてチェックしなければ意味がありません。

金利タイプには、返済期間中金利がずっと変わらない固定金利型と、返済期間中に金利が変わる変動金利型があります。

通常、固定金利型は、変動金利型より金利が高めに設定されています。

目先の金利の安さを優先するか、それとも、金利が変わらない安心感を優先するかによって選ぶ金利タイプは変わります。

また、今後金利が上昇すると予想するか、しばらくは低金利が続くと考えるかによっても、どちらの金利タイプを希望するかがわかれます。

住宅ローンを借りるときには、保証料や融資実行の手数料、保険料などさまざまな諸費用がかかります。

こうした諸費用をいつ、いくら払うかも、住宅ローン選びのポイントとなります。

中でも、保証料については、特に負担が大きいので、よく調べましょう。

繰り上げ返済の手数料についても、各金融機関で取り扱いが異なります。

積極的に繰り上げをして返していきたいと思っている人なら、手数料がかからない住宅ローンを選ぶのも1つの方法です。

また、家族で協力して住宅ローンを返していきたいなら、親子リレーローンや家族ペアローンなどのプランが選べるかを確認したり、疾病保障付団信などユニークな団信に注目して選んだりする方法もあるでしょう。

諸費用のなかには、金利に上乗せで計算されるものもあります。

金利の安さやタイプだけでなく、諸費用の負担や支払い方法なども含めて総合的に判断することが必要です。

(続く)

---

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress