諸費用のなかでー番大きいローン保証料

housingloan

ローンを返済できなくなったときに備えて、ローン保証会社に支払うお金がローン保証料です。

マイホーム購入時にかかる諸費用の中でも特に大きな割合を占めます。

ローン保証料は、連帯保証人を立てずに住宅ローンの申し込みをするときに、ローン保証会社に支払う費用です。

ローン保証料の支払い方法には、大きく分けて一括前払い型と利息組み込み型の2つがあります。

一括前払い型は、ローン契約時に保証料をまとめて支払う方法です。

利息組み込み型は、ローン保証料をローンの金利に組み込んで支払う方法で、返済期間中、0.2%程度を金利に上乗せして払います。

利息組み込み型は、一時金がかからないのがいいところですが、一括前払い型に比べて総返済額が多くなってしまうのが難点です。

ローン保証料の金額は、金融機関がどこの保証会社を利用しているかや、融資額、返済年数、返済方式などによって変わります。

また、一部には保証料無料のローンもあります。

万が一、ローンの返済ができなくなったときには、ローン契約者に代わって、保証会社が残債を支払ってくれます。

しかし、返済が免除されるわけではありません。

ローン保証会社は残債を一括返済した後、ローン契約者のもとに資金を回収しにきます。

ここでお金が用意できなければ、住宅を競売や任意売却で処分して、返済を求められます。つまり、ローン保証料は、ローン契約者のためというよりは、金融機関が資金回収のリスクを負わないために支払っているもの。

その保証料をローン契約者が負担しているというわけです。

フラット35や財形住宅融資、一部民間の金融機関では、ローン保証料の支払いが不要です。

諸費用を軽減したければ、このようなローン保証料がかからないタイプを選ぶのも1つの方法です。

(続く)

---

>>>http://住宅ローン金利.tokyo/

Comments are closed.

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress