総返済額を抑えたいなら元金均等返済

housingloan

元金均等返済は、毎月決まった金額の元金を返済する方法です。当初の返済額は高くなるものの、しくみがわかりやすく、元利均等返済よりも総返済額を減らせるという利点があります。

元金均等返済は、返済期問を通じて元金の返済額を一定にし、その時々のローン残高に応じた利息をプラスして返済をしていく方法です。返済を始めたばかりのころは、残高にかかる利息の支払いが多くなるため、1回あたりの返済額が高くなります。

しかし、返済が進むにつれて利息が減っていき、後になるほど楽になります。

最初から元金を返済する元金均等返済を選べば、元利均等返済よりも総返済額を少なくすることができます。

子どもがまだ小さく教育費負担がこれから重くなっていく家庭や、現役時代になるべく多く返したいというシングルやDINKS(共働きで子どもがいない家庭)、子育てを終えた夫婦などには、利用価値が高いといえるでしょう。

元金均等返済の返済額は、「毎月一定の元金返済額+直前の残高に対する利息」で計算します。

毎月返済する元金の額は、「借入金額÷返済回数」で計算します。

返済期間と金利が同じでも、返済額を比べてみると、元利均等返済よりも元金均等返済の方が、返済額が多くなります。

そのため、最初にたくさん支払うだけの経済的余力があることが利用のポイントとなるでしょう。

元利金等返済は、返済当初は1回あたりの返済額が元利金等返済に比べて大きくなります。そのため、ローン契約で収入基準をクリアするためには、より高い収入が求められます。

(続く)

---

Comments are closed.

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress