目先の金利が低い変動金利型

housingloan

変動金利型は、返済途中で金利が見直されるタイプのローンです。

一般に適用される金利は年に2回見直されますが、そのたびに返済額が変わるわけではありません。返済額の変更は、5年ごとに行われることになっています。

変動金利型のメリットは、固定金利型よりも目先の金利が低く、毎月の返済額が比較的少なく済むところです。

一方デメリットは、将来的に金利が上がっていけば、返済額も上がってしまうことにあります。

ただし、見直し後の返済額は、前回の1.25倍までしか上がらないというルールがあるため、返済額が一気に倍増する、というようなことはありません。

変動金利とはいうものの、5年ごとにしか返済額が変わらないと、金利の上昇を感じにくいかもしれません。

しかし、目には見えなくても確実に、返済額に占める利息の割合が増えています。

しかも、急激に金利が上昇すれば、負担すべき利息が毎月返済額を超えてしまうことになるかもしれません。

返済額を超えた部分の利息を「未払い利息」といいます。未払い利息が発生すると、返しても返しても元本が減らないばかりか、未払い利息分だけ、将来の返済が増すことになります。

その結果、家計が苦しくなってしまうことも考えられるのです。

このようなリスクを避けるため、最近は一部金融機関で、適用金利に応じて随時返済額を変更するところもあります。

(続く)

---

Comments are closed.

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress