新築マンション購入にかかる3つのお金

housingloan

新築マンションの購入にかかるお金は、「申込金」「手付金」「精算金」の大きく3つです。自己資金準備と深くかかわってくるので、支払う額とタイミングを把握しておきましょう。

新築マンションを購入するときには、3つのタイミングで支払いが必要になります。

まず、希望のマンションが見つかったら、購入の申し込みをします。

申し込みのときには、10万円程度の申込金が必要となります。

申込金は購入の意思を伝えるために支払いますが、この段階ではまだ購入が決定したわけではありません。マンションによっては先着順で購入できるところもありますが、大規模なマンションでは、一定の登録受付期間を設けているのが一般的です。この間に同じ物件に申し込んだ人が複数いる場合には、後日開催される抽選会で、購入者が決められることになります。もしも抽選に外れてしまった場合や、購入の意思がなくなってしまった場合は、申込金は返金されます。

希望のマンションを買うことが決まったら、売買契約に移ります。

売買契約のときには、宅地建物取扱主任者から重要事項の説明を受け、売買契約書に署名・捺印をします。このときに、契約をした証として、物件価格の1割程度の手付金を支払います。

手付金は、頭金の一部にあてられます。もしも手付金を支払った後に、契約者の都合で購入を取りやめたくなったときは、支払った手付金を放棄すれば契約を解除できます。

また、手付金の2倍の金額を契約者に支払えば、販売会社側から契約を解除することもできます。

住宅ローンの審査が通って、融資が実行されたら、残りの頭金とともに残金の精算を行います。

申込金の約10万円は購入のキャンセルをすれば戻ってきますが、契約締結時に支払う約1割の手付金はいったん払うと戻ってきません。相当な金額になるので契約は慎重に行いましょう。

(続く)

---

Comments are closed.

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress