住宅ローンとライフプラン

housingloan

住宅ローンは一度スタートしたら、20年以上の付き合いになることが多いものです。

それだけの間、家族の状況がずっと同じとは限りません。むしろ、変わっていく方が自然です。

どんな住宅ローンを借りるかを決めるときには、ライフプランの変化があることを想定して、毎月返済額や返済期間、金利タイプなどの作戦を立てなければなりません。

これから結婚や出産で、家族が増える予定はありますか?

転職の予定はありますか?

仕事は何歳まで続けますか?

子どもの進学については、どんな希望を持っていますか?

目の前のお金の出入りばかりを考えるのではなく、こうした将来的な収支の変化を見通すことが、住宅ローンと上手に付き合うコツといえます。

人生の三大支出といえば、「住居費」「子どもの教育費」「老後資金」。

このうち住居費と子どもの教育費は、支払う期間が重なる出費です。

しかも、どちらもいったんスタートしたら、簡単には変えられない性格です。

お互いが家計に与える影響を考えて、慎重にプランを立てなければなりません。

右肩上がりの収入が見込めない今の時代、ぎりぎりの返済プランでスタートすると、将来教育費の負担が大きくなったときに、家計が破たんしてしまう恐れがあります。

返済プランのゆとりもさることながら、ピーク時の教育費に備えた貯蓄を準備するよう心がけましょう。

マイホームは人生最大の買い物です。子どもの教育費や老後資金など、ほかの出費との兼ね合いを考えて慎重にプランを選ぶことが、住宅ローンと上手に付き合う第一歩です。

(続く)

---

Comments are closed.

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress